水素水の抗酸化作用!

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

 

水素水の抗酸化作用が凄いということで、テレビや雑誌などで話題になっていますが、具体的にどういうことなのか調べてみました。

 

そもそも水素水って何?

水素水というのは、水素分子が多く入っている水のようです。通常の気圧では1.6ppm位が水素が水に溶ける限界値で、圧力をあげるともっと溶かし込むこともできる出来るようです。

 

抗酸化作用って何?

よく酸化するという言葉を聞くと思いますが、酸化というのは釘が錆びたり、りんごが茶色く変色したりすることが酸化現象です。この現象が私たちの体内でもおきているのですが、細胞が酸化することで、老化したり病気の原因になってしまったりします。この酸化現象を抑えるのが抗酸化作用です。

 

水素水の抗酸化作用

抗酸化作用のある抗酸化物質はいろいろありますが、水素は他の抗酸化物質にない抗酸化作用があります。酸化の原因は活性酸素が原因と言われていますが、その活性酸素の悪玉活性酸素だけを除去してくれます。これは水素だけの特徴です。あとは、他の抗酸化物質よりもかなり小さいので、細胞の中まで入っていって悪玉活性酸素を除去します。

活性酸素を除去することで、酸化を防止して美容健康効果が期待できます。